スプリント

このページでは歯科医クリニックで行われる噛み合わせ治療のひとつ・スプリントについて紹介します。

噛み合わせ治療に活躍するスプリント

噛み合わせや顎関節症の中で最も一般的な治療法が、スプリント療法です。素材は半透明のアクリル樹脂を使用し、一人ひとりの歯形に合わせてオーダーメイドのマウスピースを作ります。

スプリントを使用すると噛む力をすべての歯で均等になるので、顎に重くのしかかっている不正咬合の負担が軽減されるのです。スプリントは治療目的によって、「前歯接触型」「全歯列接触型」「特殊型」などの種類に分けられます。

手術や歯科治療に比べて、身体的な負担が軽いのが特徴。もし異常を感じたときは、治療をすぐにストップすることが可能です。

使用する期間は人によって違いはありますが、3ヶ月継続して装着すると状態が改善されると言われています。しかし、良くなってすぐに装着を止めてしまうと再び悪化する恐れがあるので、半年前後を目安にすると良いでしょう。かかる費用は5,000円前後です。

スプリント療法の目的とは?

スプリントにはいくつかの種類があり、上あごか下あごを覆うもの、もしくは上下の前歯を覆うものなどがあります。 いずれも咬みしめによっておこる筋肉の緊張を抑える役割があり、アゴの位置を安定させて、筋肉の緊張緩和や顎関節症の予防・緩和を目的に使用されます。

スプリントを使った治療は、現在の歯科治療においてもっとも一般的に行われている方法でもあります。患者さんの歯型を取り、オーダーメイドで装具を制作するだけで、あとは微調整を重ねながら矯正治療を行います。 ただし、矯正治療は歯並びだけを動かすのではなく、アゴとの関わり合いや状態を見ながら行う必要があります。そのため、矯正治療を行う前にスプリントを使って、顎関節を安定させる必要があるのです。

顎関節が安定してくると、いよいよ本格的な矯正治療の計画を立てていきます。医師は患者さんのアゴの状態を診ながら、口腔内のベストバランスを考えて矯正治療計画を進めるため、スプリントが担う役割はとても大きなものと言えるでしょう。 顎関節症をはじめとする、アゴの特定の部位への偏った力などがなくなっても、人によっては噛み合わせに支障が出るほどにアゴの状態が悪い場合があります。

治療をスムーズに進めるためにも、できるだけ早期にアゴの状態をチェックし、早期治療によって重症化を防ぐ必要があります。

スプリントには多種多様な使い道がある

スプリントの目的は、習慣的にかかるアゴへの力やクセなどによって引き起こされたアゴへの負担を減らし、再現性のある安定的な位置へと下アゴを誘導する目的があります。 習慣的なものとしては、頬杖や歯ぎしり、咬みしめ、同じ方向でものを噛むなどといった行動が挙げられます。このような場合、アゴの一部分に強い力がかかるため、顎関節症が引き起こされやすくなります。 スプリント療法では、微調整を繰り返しながらベストなバランスにアゴを誘導するため、見た目の向上だけでなく口腔機能の向上、矯正治療に入る前のスムーズな導入にも役立ちます。

スプリント治療のメリット

スプリントを使えば、患者さんに大掛かりな負担を強いることがなく、 取り外しが自由なので毎日の歯磨きやフロストなどのデンタルケアも欠かさずに行うことができるというメリットもあります。

スプリントを使用すると、ものを噛む力がすべての歯に均等にかかるようになります。そのため、顎関節の一部に強く力が偏るのを防ぎ、関節にかかる負担も軽減され、ゆくゆくは下アゴの状態が安定していきます。 顎関節の治療は約半年から1年程度かかると言われますが、人によってそれぞれ期間は異なります。早期発見・早期治療によって半年以内に治療を終えられる方も多いのですが、反対に重症化している方の場合は1年以上時間をかけることもあります。

スプリントには歯並びを矯正する力はありませんが、口腔内の筋肉の緊張を緩和させる作用があるため、口の中がスムーズに動かしやすくなります。 顔の見た目の変化や頭痛の解消などといったメリットも期待できるため、アゴの状態に不安がある方は一度歯科医院に相談されてみると良いでしょう。

スプリントのデメリット

口内の汚れが付着しやすいため、常に清潔を保つ工夫が必要(ただし熱湯消毒すると変形するので要注意)。 また慣れない時期には、装着中に違和感を覚えこともあります

歯ぎしり防止のため開発された商品がドラッグストアやインターネット上でも販売されていますが、自分の歯に合わないスプリントを使用すると、却って症状に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、スプリントを使用する際は必ず専門家の診察を受けるようにしましょう。

埼玉でスプリントを使用した治療を行っているクリニック

  • ホープデンタルクリニック

    ホープデンタルクリニック

    引用元:ホープデンタルクリニック公式サイト
    http://asaka-kiboukai.com/hope/

    噛み合わせは全身性の健康に多大な影響を及ぼす、という「BBO咬合理論」を採用。第一・第二頸椎の正しい位置、全身の正しい姿勢を維持した状態での噛み合わせ治療により、これまで多くの患者が原因不明の肩こりや頭痛、腰痛、膝痛などを解消させています。期待以上の治療効果を得られるとの評判は県外にも聞こえ、今や北海道からの来院者も訪れるほどの人気クリニックに。

    所在地 埼玉県朝霞市岡1-17-18
    アクセス 東武東上線「朝霞」駅から徒歩12分
    診療時間 9:30~18:00(土曜日~16:30)
    休診日 木曜、日曜、祝日

    公式HPで詳しくみる

  • いいやま歯科医院

    いいやま歯科医院

    引用元:いいやま歯科医院公式サイト
    http://www.iiyama-dc.com/

    咬合力を上げるためには、極力、自分の歯を残すことが大事との信念を持つ飯山院長。安易に抜歯を選択せず、なるべく生きた歯を残した状態で噛み合わせ治療を行なっています。スプリント治療を始めとし、インプラントやブリッジ、義歯など幅広い治療を手掛けるクリニックですが、これら治療に並行して患者への生活指導を徹底している点も同院の大きな特徴。

    所在地 埼玉県草加市八幡町765-2
    アクセス 東武伊勢崎線「新田」駅から徒歩14分
    診療時間 9:30~13:30/15:00~19:00
    休診日 木曜、祝日

    公式HPで詳しくみる

  • 大竹歯科クリニック

    大竹歯科クリニック

    引用元:大竹歯科クリニック公式サイト
    http://www.otake-shika.com/

    噛み合わせ治療の前提である顎の動きをチェックすべく、最新の検査装置「シロナソアナライジングシステム」を導入。加えて、正確な治療は正確な検査に基づくという信念のもと、高精度X線CT撮影装置やマイクロスコープなどのハイスペックな機器も駆使。数ヶ月という短い期間の中での確実な治療効果を実現するために、学会へ頻繁に参加するなど、最新の歯科医療の研鑽に余念のないクリニックです。

    所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
    アクセス JR「大宮」駅から徒歩5分
    診療時間 09:30~13:00/14:30~19:00
    休診日 日曜、祝日

    公式HPで詳しくみる

  • オアシス歯科クリニック

    オアシス歯科クリニック

    引用元:オアシス歯科クリニック公式サイト
    http://www16.plala.or.jp/oasis-dental/index.html

    噛み合わせ治療を始め、一般歯科やインプラントなど幅広い診療を手掛けるオアシス歯科クリニック。噛み合わせ治療にはスプリントで対応し、主に就寝中の矯正を推奨している歯科医院です。検査結果や治療方針の説明が非常に分かりやすいと、患者の間でも評判。平日は通院できない患者のために土日も診療するなど、患者目線の院長の温かい人柄が垣間見えます。

    所在地 埼玉県川口市本町4-4-16 川口駅前医療モール3F
    アクセス JR「川口」駅から徒歩2分
    診療時間 10:00~13:30/15:00~19:30(土・日曜は10:00~13:00/14:00~17:00)
    休診日 火曜、祝日

    公式HPで詳しくみる

  • 島歯科医院

    島歯科医院

    引用元:島歯科医院公式サイト
    http://shima-dental.com/

    島歯科医院の3代目を務める島院長。日本顎咬合学会の認定医資格も持つなど、咬合調整、スプリント、被せ物等の名医として、地域では厚い信頼を集めているドクターです。顎の動きを客観的に把握するため、コンピューターシステムを駆使した「顎運動検査」を実施。わずか0.01mm単位で顎の動きを3次元的に把握し、正確なシミュレーションのもとで噛み合わせ治療を進めていきます。

    所在地 埼玉県川越市連雀町25-8
    アクセス 東武東上線「川越市」駅から徒歩7分/西武新宿線「本川越」駅から徒歩5分
    診療時間 9:00~12:30/14:00~18:00(水・土曜は9:00~12:30/14:00~17:00)
    休診日 木曜、日曜、祝日

    公式HPで詳しくみる

他の治療方法との比較

歯並びや形を整えるといえば「痛い・矯正器具が目立つ」というイメージが先行します。 しかし、スプリントによる治療は体への負担も少なく、目立ちません。

スプリントとは「日中装着する透明のマウスピース」のことを指します。自分の歯の形や噛み合わせに合わせたオーダーメイドのマウスピースで、大きく分けると上顎か下の顎に装着する2種類があります。どのマウスピースも、噛み合わせによる顎の負担を軽減。顎の位置を安定させて、噛み合わせの負担を緩和します。歯を削る咬合矯正や器具を取り付ける歯列矯正に比べて、いつでも取り外しが可能で、異常が感じられた時は、すぐに治療をストップできるのも安心できるところ。お値段も他の治療方法に比べるとお手頃なのも嬉しいところです。まず、顎に違和感を覚えたら、スプリント治療からはじめてみませんか。

その体の痛み、どうにかしたい人は咬合矯正へ

芸能人のような綺麗な歯並びを手に入れたい人は歯列矯正へ

歯の健康への一歩を踏み出したい人は生活習慣指導へ

「クリニックで用いられる噛み合わせの治療方法」の詳細はこちら