歯列矯正

このページでは、歯科医クリニックで行われる噛み合わせ治療のひとつ・歯列矯正について調べています。

自分にあった治療方法が選べる歯列矯正

ブラケットやセラミックなどの器具を使用し、長期間をかけて歯並びを調整する歯列矯正。噛み合わせの悪さを修正できるのはもちろん、歯並びの悪さを審美的に整え美しい口元を実現することも可能です。

個人差はありますが大人から1~3年近く治療が必要です。歯の表面に装置をつける「表側矯正」や歯の裏側に装置をつける「裏側矯正」、一部分だけを矯正する「部分矯正」などがあり自分に合った方法を選べます。

歯列矯正のメリット

歯列矯正で歯並びが良くなると噛み合わせが良くなり、健康な歯でいられます。歯ブラシで効率的にまんべんなくキレイにすることができるので、虫歯の予防にも効果的です。きちんと噛むことで歯根膜が刺激できるので、歯周病の予防にもなります。

また、噛み合わせが良くなることで顔の輪郭のズレも解消され整った顔立ちになることも期待できます。

歯列矯正のデメリット

矯正治療は保険が適用されないケースがほとんどです。そのため、90~100万円前後の治療費がかかる恐れが。また本格的で広範囲に及ぶほど、矯正治療は期間が長くなってしまいます。場合によっては、抜歯をしてから治療を行うことも。

そのほかにも「矯正器具が目立って気になる」「治療後の後戻りが心配」など、懸念事項が数多くあるのも事実です。

噛み合わせの悪さを解消する目的で歯列矯正を受ける場合は、不正咬合や顎関節症について確かな知識を持ち、誠実に治療へ臨んでいる医師を選ぶことが大切。多額の費用と長い期間かかる治療なので、事前の情報収集は入念に行うようにしてください。

矯正治療の種類や特徴を解説

いざ歯の嚼み合わせ治療を始めようと思った時に、その種類の多さからどれが自分に適した矯正方法なのか分からずに戸惑ってしまう人は珍しくありません。ここでは数多くある矯正治療の種類について解説します。それぞれの治療法の特徴や違いを知ることで、自分にピッタリの矯正方法を選ぶことができますよ。

まず、矯正治療の種類を大きく分けると、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を装着して、そこにワイヤーを通すことで歯列を矯正する「ワイヤー矯正」とマウスピースを使用する「マウスピース矯正」の2種類に分けることができます。この2つのうちワイヤー矯正は矯正装置の素材や仕組みなどによって色々な種類があります。

次からはマウスピース矯正も含めて、現在国内で主に行われている代表的な矯正治療の種類を紹介していきます。

矯正治療の種類別特徴を解説

  • 金属ブラケット(メタルブラケット)
    おそらく歯列矯正と聞いた時に多くの人が思い描くのがこの矯正方法ではないでしょうか。金属製のブラケットを歯の表面に装着して、そこにワイヤーを通すことで歯列を矯正する治療方法です。

    「歯に装着するブラケットが金属製のためにギラギラと目立つ」、「他の矯正装置に比べて若干大きい」といったデメリット面があるので多くの人に敬遠されがちです。しかし、「金属製のために非常に丈夫で、幅広い噛み合わせ治療に対応することができる」、「他の矯正方法に比べて安価に治療が行える」といった大きなメリットもある方法です。

  • 審美ブラケット
    審美ブラケットは、樹脂やセラミック素材から作られた白や透明のより目立ちにくいブラケットを歯に装着する矯正方法です。金属ブラケットと同様に幅広い噛み合わせ治療に対応することができ、金属アレルギーの心配もない矯正方法です。ブラケットの色が白や透明なので、金属ブラケットよりもはるかに目立ちにくいというのが最大の特徴です。

    しかしその分、金属ブラケットと比較すると費用は高額となります。また、目立ちにくいとはいっても歯の表面にブラケットを装着している以上、装置自体が見えなくなるわけではありません。

  • 裏側矯正(舌側矯正)
    金属ブラケットや審美ブラケットが歯の表側にブラケットを装着するのに対して、このリンガルブラケットは歯の裏側にブラケットを装着する矯正方法です。他人の視線からは矯正器具が見えることがないので、人知れず歯列矯正が行えるという点が裏側矯正の最大の特徴です。

    特に見た目を気にする思春期の患者さんにとっては、外見を気にすることなく日常生活が送れるので精神的なストレスを大きく軽減することが可能です。

    また、歯の裏側は表側に比べるとエナメル質が3倍も厚く、唾液の循環も良いので表側矯正を行うよりも虫歯リスクを軽減することができるというメリットもあります。しかし、「慣れるまでは発音がしにくい」、「表側矯正に比べて治療費用がかなり高額になる」、「裏側矯正治療を行うだけの、十分な治療経験と技術を有する歯科医師が少ない」といったデメリット面もあります。

  • マウスピース矯正
    現在国内で行われている矯正治療は、歯にブラケットを装着するワイヤー矯正が主流となっていますが、マウスピース矯正も着実に数を増やしています。医療用プラスチックで作製された透明で薄いマウスピースを歯に装着することで、歯列を矯正する治療法です。24時間装着し続ける必要があるワイヤー矯正と異なり、マウスピース矯正は食事や歯磨きの時などには、自分で自由に取り外すことが出来るのが大きな特徴です。

    その他にも「透明なのであまり目立たない」、「痛みが少ない」、「金属アレルギーの心配がない」、「並行して虫歯治療も行える」といった多くのメリットがある矯正方法です。しかし、1日20時間以上装着しないと治療の効果が期待できないので自分の強い意志で継続していく必要があるという点や、複雑な歯並びには対応することができないというデメリット面もあります。

    また、個人の口腔環境や治療が必要な本数にもよりますが、オーダーメイドによる治療となるため、ワイヤー矯正よりも治療費が高額となる傾向があるようです。

埼玉で歯列矯正を行っているクリニック

  • ツカ原歯科医院
  • いいやま歯科医院
  • 大竹歯科クリニック
  • ドイチェ歯科・矯正歯科
  • 野上歯科医院
  • 飯塚歯科医院
  • オアシス歯科クリニック
  • 島歯科医院
  • ファミリー歯科医院