HOME » 咬み合わせ治療の基礎知識 » 噛み合わせ治療と歯列矯正はどう違う?

噛み合わせ治療と歯列矯正はどう違う?

このページでは、噛み合わせ治療と歯列矯正の違いについてまとめています。

噛み合わせ治療と歯列矯正の違いとは

噛み合わせ治療と歯列矯正は似ているようですが、異なる部分があります。

噛み合わせ治療

噛み合わせが悪い場合は、虫歯で歯が欠けた箇所に被せ物をして、しっかりと噛めるように調整。歯を失った場合はスプリントやインプラント、入れ歯などを用いて噛み合わせを回復させます。

治療方法

スプリント、咬合調整、インプラントなど

噛み合わせ治療で得られる効果

噛み合わせが良くなると虫歯ができにくくなるうえ、肩こりや頭痛の解消にもつながります

歯列矯正

患者一人ひとりによって異なる歯列を、一般的に美しいと考えられる歯列に近づけていきます

治療方法

舌側ブラケット矯正、マウスピース矯正、ハイブリット矯正など

歯列矯正で得られる効果

歯列矯正は歯並びを良くする以外にも、横顔のラインや口もとなどを美しく改善する効果があります。歯並びが良くなると歯を見せて笑うことに引け目を感じることがなくなり、精神面でも明るく前向きな生活に変わったケースも多いです。

歯列矯正で噛み合わせが悪くなる場合も!

見た目を良くしたいと思い、歯列矯正を受ける人は多いでしょう。しかし、見た目を重視するあまり必要がなく緊急でもない歯列矯正を受けてしまうと、かえって噛み合わせが悪くなるケースがあります。噛み合わせが悪くなってしまうと、肩こり・首の痛み・腰痛などを発症する恐れがあるので注意が必要です。

近年は「美しくない歯列を力技で矯正する」治療ではなく、「噛み合わせが悪いと、結局歯列も乱れる」という原則を尊重し患者一人ひとりによって違う歯列を活かしながら、見た目の美しさを整えていく治療が主流となりつつあります。

歯列矯正を受ける際は、噛み合わせに関しても十分な知識のある歯科医を選ぶようにしましょう。専門の知識を持った医師に正しい治療をしてもらうことで、噛み合わせや歯並びはきっと良くなります。