HOME » 咬み合わせ治療の基礎知識 » 噛み合わせ治療と歯列矯正はどう違う?

噛み合わせ治療と歯列矯正はどう違う?

このページでは、噛み合わせ治療と歯列矯正の違いについてまとめています。

噛み合わせ治療と歯列矯正の違いとは

噛み合わせ治療と歯列矯正は似ているようですが、異なる部分があります。

噛み合わせ治療

噛み合わせが悪い場合は、虫歯で歯が欠けた箇所に被せ物をして、しっかりと噛めるように調整。歯を失った場合はスプリントやインプラント、入れ歯などを用いて噛み合わせを回復させます。

治療方法

スプリント、咬合調整、インプラントなど

噛み合わせ治療で得られる効果

噛み合わせが良くなると虫歯ができにくくなるうえ、肩こりや頭痛の解消にもつながります

歯列矯正

患者一人ひとりによって異なる歯列を、一般的に美しいと考えられる歯列に近づけていきます

治療方法

舌側ブラケット矯正、マウスピース矯正、ハイブリット矯正など

歯列矯正で得られる効果

歯列矯正は歯並びを良くする以外にも、横顔のラインや口もとなどを美しく改善する効果があります。歯並びが良くなると歯を見せて笑うことに引け目を感じることがなくなり、精神面でも明るく前向きな生活に変わったケースも多いです。

歯列矯正で噛み合わせが悪くなる場合も!

見た目を良くしたいと思い、歯列矯正を受ける人は多いでしょう。しかし、見た目を重視するあまり必要がなく緊急でもない歯列矯正を受けてしまうと、かえって噛み合わせが悪くなるケースがあります。噛み合わせが悪くなってしまうと、肩こり・首の痛み・腰痛などを発症する恐れがあるので注意が必要です。

近年は「美しくない歯列を力技で矯正する」治療ではなく、「噛み合わせが悪いと、結局歯列も乱れる」という原則を尊重し患者一人ひとりによって違う歯列を活かしながら、見た目の美しさを整えていく治療が主流となりつつあります。

歯列矯正を受ける際は、噛み合わせに関しても十分な知識のある歯科医を選ぶようにしましょう。専門の知識を持った医師に正しい治療をしてもらうことで、噛み合わせや歯並びはきっと良くなります。

歯科矯正以外の噛み合わせの治療

顎変形症の手術

噛み合わせの問題となる顎の変形は、治療に手術が必要です。本来あるべき位置に顎の骨がない、というような状態ですね。正常な位置に戻すための手術なので、治療には保険が適用となることも特徴です。

詰め物や被せ物をする

噛み合わせを悪くしている部分が分かれば、その部分に詰め物や被せ物をすることで改善させることもできます。前に治療した部分の不調が招いている場合は、詰め物や被せ物を交換することもあります。噛み合わせ治療においては、比較的簡単な治療法です。

入れ歯やインプラントを入れる

歯は隣同士で支えあっているため、抜けてしまうと歯の位置は少しずつずれてきてしまいます。そのため、空いている部分にちゃんと歯を入れてあげることも、噛み合わせ治療のひとつです。入れる歯は希望によって決められるようになっていて、抜けている左右の歯がしっかりとしていれば、その歯に固定してブリッジという方法もあります。しかし、左右の歯に負担をかけてしまうため、そうではなく入れ歯やインプラントという方法も考えましょう。特にインプラントは、骨に歯根をつくり、そこから歯を差し込むことになるため、かなり頑丈で自分の歯のように使うことができます。費用も高くなりますが、その分質は保証されています。

特に奥歯は、入れ歯だと噛み合わせを悪くしてしまう可能性があるため、インプラントが効果的といわれている治療法です。

差し歯の場合の歯科矯正と噛み合わせの治療

差し歯が多くなってしまうと、自分の歯が少ないから歯科矯正や噛み合わせの治療を受けることができるのかな…と不安になりますが、気を付けなくてはいけないことはあっても、工夫次第で治療は可能です。埼玉の歯科医院でも、差し歯の歯科矯正や噛み合わせ治療を受けることができます。

大事なのは、歯の根がしっかりとしているかどうか、です。矯正をするためには器具をつけなくてはいけないのですが、その器具は歯の周辺にある骨に対して働きかけることで歯を動かしていきます。そのため、歯の根がしっかりとしていれば位置を少しずつずらして矯正することができるでしょう。ただし、装置が外れやすいといったデメリットはあります。差し歯は自分の歯ではないので、うまく装着しないことがあるからです。しっかりと自分の状態にあった治療をしてもらうことが大切ですね。

差し歯自体を治療によって変えることもできます。矯正器具をつけることができないと判断したら、つけられる差し歯に変えれば問題なく治療はできます。また、矯正をしてから差し歯を変えることもあります。治療によって不具合が出てしまったものは、取り換えということになりますね。新しくすることで、差し歯そのものも美しくなるため、より矯正をした効果が実感できるのではないでしょうか。

歯科矯正と噛み合わせの治療の保険適用

歯科矯正に関しては、保険が適用できない治療となります。審美歯科の分野となっており、自由診療です。これは埼玉の歯科医院でも同様となっているため、保険を使用せずに自費で支払いをしなくてはいけません。ただし、最初にお話しした外科治療をする場合は、保険が適用となります。保険が適用されれば、その適用される治療だけは3割負担で治療が受けられるでしょう。

組み合わせた治療ももちろん可能となっており、埼玉でも歯科医院に相談にのってもらえます。まずは自分に必要な治療を見つけるところから始めなくてはいけないので、自分の噛み合わせがどのような状態になっているかを確認してもらうためにも歯科医院で診査してもらってください。