HOME » 咬み合わせ治療の基礎知識 » 良い?悪い?噛み合わせを自分でチェック

良い?悪い?噛み合わせを自分でチェック

このページでは、噛み合わせのセルフチェック法をまとめています。

セルフチェックで噛み合わせの良し悪しを調べよう

噛み合わせが大切なのはわかっているけれど、自分の噛み合わせが良いのか・悪いのかよくわからない人は多いのではないでしょうか。

歯の噛み合わせが悪いと不快感があるだけでなく、思わぬ体調不良や不定愁訴に繋がる可能性があります。噛み合わせのセルフチェック方法を紹介するので、自分の噛み合わせの状態を調べてみてください。

もしかして噛み合わせが悪い!?セルフチェック表

噛み合わせが不安定なように感じる

咀嚼の際に痛みや違和感を覚える

顎に痛みを感じる

口を開けたり閉めたりする時、音が気になることがある

虫歯治療した歯と、その隣の歯の間に物が詰まりやすい

虫歯などの理由で、失った永久歯がある

治療途中の状態のまま、放置している歯がある

義歯を使用している箇所がある

4~5個以上当てはまるという人は、噛み合わせが悪い可能性が高いので注意が必要です。

正しい噛み合わせとは?

そもそも正しい噛み合わせとはどのようなもの状態なのでしょうか。正しい噛み合わせは7つの条件が重要となってきます。

  1. 口を閉じた時に下の歯が上の歯よりも内側にくる
  2. 上と下の歯それぞれの前歯が中心に揃っている
  3. 上下の歯列がUの字でアーチ状の形状になっている
  4. 口を閉じることに支障がない
  5. 上の前歯2本が最も大きく、下の前歯2本が最も小さい
  6. 上下の奥歯が相互に噛み合っている
  7. 噛みしめた時に上下の前歯の隙間が5ミリ以下

いかがでしょうか?「噛み合わせは悪いみたい…。でもそんなに深刻な問題?」と思う人がいるかもしれません。

しかし、噛み合わせの悪さを放置しておくとやがて身体全体のバランスが狂い、体のあちこちに不調が現れてきます。症状の重い人は全身が強張り、仕事にも支障をきたしてしまうほど。出口の見えない不定愁訴に悩まされ、うつ症状を併発してしまうケースもあります。噛み合わせを甘く見ることは禁物なのです。

セルフチェックの結果が思わしくなかった場合は放置せず、きちんと歯科医を受診するようにしてください。