HOME » 咬み合わせ治療の基礎知識 » 噛み合わせ治療をせず悪化するとどうなる?

噛み合わせ治療をせず悪化するとどうなる?

不正な噛み合わせを放置していると、口の中にはさまざまな影響が出てきます。まず、歯並びが悪いままであることで、人によっては発音や会話がしづらいと感じられ、会話に支障をきたす恐れがあります。

次に、噛み合わせが悪い部分では上手に食べものが噛めないため、ものの咀嚼にも影響を与えます。

食べものをよく噛むことは、満腹感や満足感、消化器官での消化吸収活動にも関わっており、しっかりと噛んで食べなければ口に入れたものは消化しにくく、消化がうまくいかずに胃腸に残るため、消化不良や肥満の原因にもなると考えられています。

胃腸に負担をかけないようにするには、食べものを口に入れた段階でしっかりと噛まなくてはなりません。少しでも消化のしやすい形に小さくするのが、歯の役割の一つと言えます。

さらに重要な問題として、不正な噛み合わせは、歯と歯の重なり部分に歯垢が溜まるなどして、虫歯や歯周病、歯肉炎などを招くおそれがあります。歯垢は放置していると硬い「歯石」となり、そこに細菌が繁殖して、口内トラブルの原因を高めます。

歯は生えている場所や大きさ、形などによってさまざまな役割を果たすため、不正な噛み合わせを放置していると、別の歯が噛み合わせの悪い部分の役割を担わなければならなくなり、負担が増えることが予想されます。

噛み合わせに狂いが生じた部分を放置していると、噛みやすい歯で噛むクセなどもつきやすく、その結果として口の中の筋肉のバランスが狂ったり、あごへの部分的な負担が増える恐れもあります。ここから「顎関節症」と呼ばれる症状が起きやすくなります。

顎関節症とは、あごを動かすための関節に何らかのトラブルが起き、スムーズに口が開けなくなってしまう症状のことです。口を開けた時にあごから音がする、あるいはあごに痛みが出るなど、さまざまな症状が現れます。

噛み合わせの悪さから顎関節症になると、頭痛やめまいなどを併発したり、日常生活に支障をきたすケースもあります。こうなると、噛み合わせをなおすとともに、顎関節症の症状も別に治療を行わなくてはなりません。

噛み合わせの悪さは口腔内のみならず、慢性的な頭痛、肩こり、体の歪みなども引き起こすと言われています。口を動かす筋肉や関節は、顔から肩、頭などに繋がっているため、口腔内に歪みが発生すると同時進行的に痛みが広がりやすいのです。

体の歪みというのは突然歪むものではなく、ちょっとした噛み合わせの乱れから徐々に進行します。上あごと下あごの位置状態が変わり、そこから顔、肩、頭、さらには全身のバランスが不安定になっていきます。

このように、噛み合わせの放置にはさまざまなリスクが考えられますが、ものをしっかりと噛めなくなるということにはもう一つ重要な問題が考えられます。

私たちの歯の根元には「歯根膜」という組織が存在しており、歯にかかっている力を感知することができます。何かを噛んで歯根膜が刺激を受け取ると、そこから神経系を通じて脳に情報が伝達され、脳の中にある運動・感覚機能・意欲・思考力などに影響を及ぼします。

ものがしっかりと噛めれば、これらの脳機能は次々と活性化していきますが、反対によく噛まずにものを飲み込んでしまうと、正しく情報が送られないために、意欲の低下や満足度の低下などが起きやすくなります。

このような状態が続くと、精神的にイライラしたり、やる気がなくなるなど、ネガティブな結果にもつながっていきます。近年行われた研究によれば、不正な噛み合わせにはアルツハイマー病と密接な関係があることが分かっています。

口の中は精密にできており、歯と歯が協力し合うことによって筋肉・神経・関節を中心にバランスを取っています。不正な噛み合わせがみられたら、早期に治療を開始することが大切です。