HOME » 咬み合わせ治療の基礎知識

咬み合わせ治療の基礎知識

ここでは、咬み合わせ治療で大切な基礎知識について紹介します。

歯の治療といえば、見た目の美しさや虫歯の予防ばかりが重視されがちです。しかしそれとは別に、「咬み合わせ(噛み合わせ)」についても非常に重要な問題となります。 正しい咬み合わせとは見た目がきれいに整っていることはもちろんですが、上下の前歯の中心が揃っていて、歯の全体が咬み合っている状態を指します。

上下左右の歯がすべて均等に咬めるようになっており、筋肉や顎の関節に負担がかかりにくい状態で、スムーズに咀嚼ができます。 正しくない咬み合わせとは、骨格や歯の生え方といった先天的な原因や、歯の治療でする被せ物を本来の位置とは違う設置ミスなどが原因で、歯がデコボコに重なったりしている状態です。 この咬み合わせの悪さが原因で、後述するさまざまな症状が現れてくるおそれがあります。

咬み合わせを放置するのは危険!?

咬み合わせの悪さ(不正咬合)を放置していると、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。 一例として、咬み合わせの悪さは歯と歯の重なりやぶつかり合いを起こし、歯ブラシが当たりにくい部分ができたり、自然に汚れが落ちにくい部分をつくりだすため、虫歯になりやすくなります。歯と歯が重なる部分に食べかすなどが入り込んで、そのまま汚れが落としきれずに虫歯になるケースが多くみられます。

その他、咬み合わせの悪さから骨格や筋肉などにもずれが生じ、頭痛やめまい、肩こりなどの症状を引き起こします。一見咬み合わせとは関係なさそうな部位にまで影響が及んでしまうので注意が必要です。

顔の表情の歪み

顔の表情の歪みについても、不正咬合から出る症状の一つです。咬み合わせのバランスが崩れると顔の筋肉にも歪みが生じやすくなり、食べものを食べる際に片側だけでものを咬む傾向が出てきます。

さらに顔の筋肉のバランスは、姿勢の乱れにも影響します。顔の表情はもちろんのこと、下あごの位置が歪むところからその下にある肩や首への負担が増え、全身が強張ったり、コリに悩まされるといった症状にもかかりやすくなります。中にはこの歪みの症状が強く出てしまい、生活や仕事に影響が出る場合もあります。

顎関節症は歪みからくる症状の代表例で、ものを咬んだ時に安定感がないために、あごの関節に必要以上に負担がかかることが原因となっています。

咬み合わせだけが原因ではないと言われていますが、もともと咬み合わせが悪い方は特にこの症状が悪化しやすい傾向にあります。咬み合わせによって支えられる部分が少ないため、歯のすり減りなどといった変化からあごに負担がかかりやすくなり、顎関節症にかかりやすくなるのです。

人間の顔には無数の筋肉が通っているため、ものを咬むために使われる筋肉である「側頭筋(そくとうきん)」が咬み合わせによって影響を受けることもあります。 側頭筋とはあごの関節から頭の横へと繋がっている筋肉で、咬み合わせが悪いとこの側頭筋が緊張し、頭痛というシグナルが現れることがあります。

体の不調

また、咬み合わせのバランスが悪いと、自律神経のバランスを悪くしてしまうケースもあります。特にストレスが強くかかっている時に咬み合わせのバランスが崩れると、物理的な不安定さから精神面にも影響し、自律神経失調症などのトラブルを起こすケースもあると言われています。

詳しい原因についてはまだはっきりとした事は分かっていませんが、肩こりや頭痛、虫歯など咬み合わせによるトラブルからストレスを抱え、そこから自律神経にトラブルを抱える可能性もあります。 このように、咬み合わせの悪さをそのまま放置しておくことは、虫歯などの口腔内のトラブル、肩こりや歪みなどといった不快な症状の発生を招く可能性があります。

顔、体の歪みや痛みを進行させないためには、正しい知識を持ち、正しく咬み合わせの対策を行う必要があるのです。

どんなクリニックに通えば良いの?

虫歯とは違って咬み合わせ治療は何度も通うことがないので、クリニック選びはとても難しいものです。いざ咬み合わせ治療を行うと決心した際、どんなクリニックに通うべきなのでしょうか?病院選びのポイントを紹介しているので、参考にしてください。

咬み合わせ治療を受ける病院の選び方をチェック>>

咬み合わせ治療と歯列矯正はどう違う?

一見すると区別のつきにくい、咬み合わせ治療と歯列矯正。咬み合わせ治療と歯列矯正の違いはどこにあるのでしょうか。それぞれの特徴や治療法、効果などを紹介しています。歯列矯正が原因で咬み合わせが悪くなるケースもあるので、注意してください。

咬み合わせ治療と歯列矯正の違いをチェック>>

良い?悪い?咬み合わせを自分でチェック

自分の咬み合わせが良いのか・悪いのか判断するのは非常に難しいものです。ここでは、自宅で簡単にできる咬み合わせのセルフチェック法を紹介しています。あなたの咬み合わせの状態は一体どっちでしょうか?ぜひチェックしてください。

咬み合わせのセルフチェック方法を見る>>

噛み合わせ治療をせず悪化するとどうなる?

噛み合わせの悪さを放置すると、会話に支障をきたしたり、消化不良や肥満、虫歯や歯周病などのトラブルが起きやすくなると言われています。さらに筋肉のバランスが狂い、あごに負担がかかることで顎関節症や頭痛、体の歪みなども引き起こす可能性があります。

噛み合わせ治療をせず悪化するとどうなる?を見る>>

顎関節症の原因は?

顎関節症の原因には、歯の噛み合わせの問題が深く関わっていますが、噛み合わせだけが原因であるとは限らず、歯ぎしりや食いしばり、姿勢のクセなど複数の要因が重なっている場合が少なくありません。必要に応じて専門医を受診し、噛み合わせの治療をはじめ、顎関節症の原因となっている要因に一つずつ対処していくことが大切です。

顎関節症の原因を見る>>