HOME » 咬み合わせ治療の基礎知識

咬み合わせ治療の基礎知識

ここでは、咬み合わせ治療で大切な基礎知識について紹介します。

歯の治療といえば、見た目の美しさや虫歯の予防ばかりが重視されがちです。しかしそれとは別に、「咬み合わせ(噛み合わせ)」についても非常に重要な問題となります。 正しい咬み合わせとは見た目がきれいに整っていることはもちろんですが、上下の前歯の中心が揃っていて、歯の全体が咬み合っている状態を指します。

上下左右の歯がすべて均等に咬めるようになっており、筋肉や顎の関節に負担がかかりにくい状態で、スムーズに咀嚼ができます。 正しくない咬み合わせとは、骨格や歯の生え方といった先天的な原因や、歯の治療でする被せ物を本来の位置とは違う設置ミスなどが原因で、歯がデコボコに重なったりしている状態です。 この咬み合わせの悪さが原因で、後述するさまざまな症状が現れてくるおそれがあります。

咬み合わせを放置するのは危険!?

咬み合わせの悪さ(不正咬合)を放置していると、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。 一例として、咬み合わせの悪さは歯と歯の重なりやぶつかり合いを起こし、歯ブラシが当たりにくい部分ができたり、自然に汚れが落ちにくい部分をつくりだすため、虫歯になりやすくなります。歯と歯が重なる部分に食べかすなどが入り込んで、そのまま汚れが落としきれずに虫歯になるケースが多くみられます。

その他、咬み合わせの悪さから骨格や筋肉などにもずれが生じ、頭痛やめまい、肩こりなどの症状を引き起こします。一見咬み合わせとは関係なさそうな部位にまで影響が及んでしまうので注意が必要です。

顔の表情の歪み

顔の表情の歪みについても、不正咬合から出る症状の一つです。咬み合わせのバランスが崩れると顔の筋肉にも歪みが生じやすくなり、食べものを食べる際に片側だけでものを咬む傾向が出てきます。

さらに顔の筋肉のバランスは、姿勢の乱れにも影響します。顔の表情はもちろんのこと、下あごの位置が歪むところからその下にある肩や首への負担が増え、全身が強張ったり、コリに悩まされるといった症状にもかかりやすくなります。中にはこの歪みの症状が強く出てしまい、生活や仕事に影響が出る場合もあります。

顎関節症は歪みからくる症状の代表例で、ものを咬んだ時に安定感がないために、あごの関節に必要以上に負担がかかることが原因となっています。

咬み合わせだけが原因ではないと言われていますが、もともと咬み合わせが悪い方は特にこの症状が悪化しやすい傾向にあります。咬み合わせによって支えられる部分が少ないため、歯のすり減りなどといった変化からあごに負担がかかりやすくなり、顎関節症にかかりやすくなるのです。

人間の顔には無数の筋肉が通っているため、ものを咬むために使われる筋肉である「側頭筋(そくとうきん)」が咬み合わせによって影響を受けることもあります。 側頭筋とはあごの関節から頭の横へと繋がっている筋肉で、咬み合わせが悪いとこの側頭筋が緊張し、頭痛というシグナルが現れることがあります。

体の不調

また、咬み合わせのバランスが悪いと、自律神経のバランスを悪くしてしまうケースもあります。特にストレスが強くかかっている時に咬み合わせのバランスが崩れると、物理的な不安定さから精神面にも影響し、自律神経失調症などのトラブルを起こすケースもあると言われています。

詳しい原因についてはまだはっきりとした事は分かっていませんが、肩こりや頭痛、虫歯など咬み合わせによるトラブルからストレスを抱え、そこから自律神経にトラブルを抱える可能性もあります。 このように、咬み合わせの悪さをそのまま放置しておくことは、虫歯などの口腔内のトラブル、肩こりや歪みなどといった不快な症状の発生を招く可能性があります。

顔、体の歪みや痛みを進行させないためには、正しい知識を持ち、正しく咬み合わせの対策を行う必要があるのです。

咬み合わせが悪くなる原因

咬み合わせが悪くなるとどういったデメリットがあるかはわかりましたが、そもそもどうして咬み合わせが悪くなってしまうのでしょうか?ここからは、咬み合わせが悪くなる原因について解説していきます。

子供の頃の指しゃぶり

1~2歳までなら心配はいりませんが、お子さんが5歳を過ぎる頃になっても指しゃぶりをしているような場合には注意が必要です。

というのも顔や口元が大きく成長する5歳を過ぎても指しゃぶりを続けることで、あごの変形や歯並びにも悪影響をもたらし、結果として噛み合わせを悪くする原因となってしまうからです。指しゃぶりを続けることによって現れる噛み合わせへの影響は以下の3つです。

  • 前歯の噛み合わせが悪くなる
    指しゃぶりをしている子は、自然と前歯で指を噛みしめるようにしています。そのような動作を続けていると、通常であれば加わるはずのない大きな力が前歯にかかってくるので、上下の歯を噛み合わせたときに通常ではありえないほどの隙間が開いてしまうことがあります。専門的にはこれを、「開咬・かいこう」と呼びます。この開咬となってしまうと前歯でものを噛むことはできなくなってしまい、噛み合わせ治療が必要になることもます。

  • 出っ歯
    歯列矯正の方法からもわかるとおり私たちの歯というのは、持続的に力を加えられ続けるとわずかずつですが移動します。したがって、ある程度の年齢を過ぎた後も指しゃぶりを続けているような場合は、前歯に力加わり続けることになるので前歯が突出し、いわゆる「出っ歯」になってしまいます。

  • 交叉咬合
    交叉咬合(こうさこうごう)とういうのは、上下の奥歯が横にズレて位置してしまい、上下の歯を噛み合わせたときに交叉したようになる状態のことをいいます。指をしゃぶるときに頬の筋肉によって上の奥歯が内側へと押されてしまい、上の歯の並びだけが異常に狭くなってしまうことによって起こる症状です。上下の歯並びの幅が違うので噛み合わせが悪くなってしまいます。

【参考】

寝相・寝方

寝相や寝方が噛み合わせを悪くしている原因となっていることもあるので注意が必要です。間違った寝方をしていては顎の骨や歯に大きな負担がかかってしまいます。噛み合わせによくない寝方はうつ伏せ寝と横向きの寝方です。

  • うつ伏せ寝
    成人した人間の頭の重さは平均すると5キロほどもあります。仰向けの寝方であれば顎にかかる負担はそのまま5キロなのですが、うつ伏せ寝だと8キロ~9キロのもの重さが顎にかかってくると言われています。寝ている間に常に顎に強い力がかかり続けることで、前歯をはじめてとして、口の中全体の歯並びに悪影響が出てきてしまいます。また、顎への大きな負担は噛み合わせを悪くするばかりでなく、「顎関節症」の原因ともなるので注意が必要です。

  • 横向きの寝方
    横向きになって寝ると、下になっている歯に大きな圧力がかかり、上下の歯の噛み合わせを悪くする原因となります。また、横向きで寝ていると下になっている方の頬の筋肉が発達しやすくなります。したがって、毎日同じ方向を向いて寝るという習慣がある人は片方の頬の筋肉が盛り上がってしまい顔が歪んでしまう原因にもなるので注意が必要です。とくに子供の内は歯並びが変化しやすいので、毎日の寝相には十分に気を配る必要があります。

うつ伏せ寝、横向きの寝方は噛み合わせを悪くする原因となるで気をつけましょう。顎や歯に負担をかけることのない「仰向け寝」ならば噛み合わせに悪影響を及ぼすこともありません。就寝中の寝返りを避けることはできませんが、噛み合わせを悪くしてしまわない為にも、普段から意識して仰向けで寝るようにしましょう

悪い癖がある

以下のような癖があると咬み合わせが悪くなってしまいます。

  1. 頬杖
    大人の頭の重さが体重の1割にものぼると言われています。頬杖をつくということは、頭の重さが歯や顎にかかっているということ。余計な負担が歯や顎にかかることによって、咬み合わせが徐々に悪くなっていきます。
  2. 爪を噛む
    爪は歯の次に固い部位です。それほど固い爪を噛むと、余計な負担が歯にかけてしまうことは避けられません。特に爪を咬みやすい前歯の咬み合わせが悪くなっていくでしょう。
  3. 舌癖
    舌癖とは、舌で歯を裏から前に押し出す癖のことです。舌は柔らかいためすぐに咬み合わせが悪くなることはありませんが、頻繁に舌で歯を押していると、徐々に歯並びが悪くなり咬み合わせがずれていきます。
  4. 歯ぎしり
    歯ぎしりは歯と顎にかなり大きな負担がかかる癖です。しかも歯ぎしりは寝ている時に起こる癖です。その分、自分で気づきにくいので注意してください。
  5. 口呼吸
    口呼吸も歯並びが悪化する原因のひとつです。
  6. 歯の数が不足している

    永久歯の数が元から少ない人は、自然と内側に歯が寄っていくため歯並びが崩れがちです。その結果、咬み合わせが悪くなってしまいます。

    虫歯

    軽度の虫歯であればそこまで影響はありませんが、中度?重度になると歯が溶けたり、治療によって歯を削ったりして歯本来の形が崩れてしまいます。その結果、歯並びが悪くなり咬み合わせも悪くなってしまうのです。

    虫歯による咬み合わせの悪化は、詰め物や差し歯、インプラントをすることによってある程度改善できます。

    老化と歯周病

    歯周病によって歯茎の形が崩れると、その分歯がずれて咬み合わせが悪くなってしまいます。また、歯周病は老化によって発症リスクが上がるという特徴もあります。

    さらに、若いうちは関節や筋肉に柔軟性があるため、歯並びが悪くてもある程度歯や顎への負担はカバーできますが、老化するとその柔軟性が失われるため歯並びが悪いことによる負担が歯や顎へダイレクトに加わるので気をつけてください。

    遺伝・生まれつき

    人によっては生まれつき歯並びが悪かったり、顎の力が弱かったりと、咬み合わせが悪くなる原因を抱えている場合もあります。特に下顎が上顎よりも前に出ている人は咬み合わせが悪くなりがちです。

    舌の裏にある筋肉のせい

    舌の裏の舌小帯という筋肉には舌を持ち上げる働きがありますが、この筋肉が短いと舌を持ち上げることができず、舌が下前歯を押し出してしまいます。これをそのまま放っておくと、舌の前歯がどんどん前に出て咬み合わせが悪くなってしまうのです。

    固いものを食べない食習慣

    歯や歯茎、顎への過度な負担は厳禁ですが、適切な刺激がないと噛む力が弱って咬み合わせが悪くなってしまいます。日頃から柔らかいものしか食べないという人は、ある程度咬み応えのある食材を食事の中に取り入れるようにしてみましょう。

    特に子どもの場合は顎に適度な刺激を与えていないと発育が悪くなるため気をつけてください。

    詰め物・被せ物が歯の形合っていない

    虫歯治療で利用される詰め物や被せ物ですが、これらはしっかり歯に馴染んでいないと歯並びを悪化させる原因になってしまいます。特に奥歯に詰め物・被せ物をしている人は、それがズレてしまうと咬み合わせが悪化するだけでなく、顎関節に余計な負担を与えてしまうので気をつけてください。

    参考:(PDF)「口腔と全身の健康との関係 2」財団法人8020推進財団

    どんなクリニックに通えば良いの?

    虫歯とは違って咬み合わせ治療は何度も通うことがないので、クリニック選びはとても難しいものです。いざ咬み合わせ治療を行うと決心した際、どんなクリニックに通うべきなのでしょうか?病院選びのポイントを紹介しているので、参考にしてください。

    咬み合わせ治療を受ける病院の選び方をチェック>>

    咬み合わせ治療と歯列矯正はどう違う?

    一見すると区別のつきにくい、咬み合わせ治療と歯列矯正。咬み合わせ治療と歯列矯正の違いはどこにあるのでしょうか。それぞれの特徴や治療法、効果などを紹介しています。歯列矯正が原因で咬み合わせが悪くなるケースもあるので、注意してください。

    咬み合わせ治療と歯列矯正の違いをチェック>>

    良い?悪い?咬み合わせを自分でチェック

    自分の咬み合わせが良いのか・悪いのか判断するのは非常に難しいものです。ここでは、自宅で簡単にできる咬み合わせのセルフチェック法を紹介しています。あなたの咬み合わせの状態は一体どっちでしょうか?ぜひチェックしてください。

    咬み合わせのセルフチェック方法を見る>>

    噛み合わせ治療をせず悪化するとどうなる?

    噛み合わせの悪さを放置すると、会話に支障をきたしたり、消化不良や肥満、虫歯や歯周病などのトラブルが起きやすくなると言われています。さらに筋肉のバランスが狂い、あごに負担がかかることで顎関節症や頭痛、体の歪みなども引き起こす可能性があります。

    噛み合わせ治療をせず悪化するとどうなる?を見る>>

    顎関節症の原因は?

    顎関節症の原因には、歯の噛み合わせの問題が深く関わっていますが、噛み合わせだけが原因であるとは限らず、歯ぎしりや食いしばり、姿勢のクセなど複数の要因が重なっている場合が少なくありません。必要に応じて専門医を受診し、噛み合わせの治療をはじめ、顎関節症の原因となっている要因に一つずつ対処していくことが大切です。

    顎関節症の原因を見る>>

    子どもの不正咬合治療とは

    不正咬合治療は子どもの頃から始めるべき、と言われますが、子どもの噛み合わせ治療とはどのようなものなのでしょうか。こちらでは。子どもの不正咬合治療の方法、デメリットなどをご紹介しつつ、子どもの頃から治療を開始するメリットにも触れています。

    子供の不正咬合治療について見る>>