首の痛み

「気づくと首が凝っている」「痛みがひどくて首が回せない」などのつらい症状の原因は「噛み合わせの悪さ」にあるかもしれません。こちらでは、首と噛み合わせの関係についてまとめています。

そもそも首が痛む原因って?

首が痛くなる原因には、外傷・首周りの酷使・姿勢の悪さ・加齢・ストレスなどがあります。急性なのか慢性的なのかで対処法も異なりますが、自覚があるのであれば、早めに治療を受けることが大切です。

また、広く知られているわけではありませんが、噛み合わせの悪さも首の痛みに関係があります

首の痛みと噛み合わせの悪さの関係性とは?

歯の噛み合わせが悪いと、顎の関節に負担がかかるようになります。顎と首(頸椎)は連動しているので、ダメージを共有しやすいのです。この状態を放置しておくと、首や肩などの筋肉にも悪影響が及び、慢性的な首・肩の凝りを誘発します

さらに、顎関節症を進行させてしまうと頸椎の歪み・変形まで引き起こしてしまうのです。

首の痛みの原因が噛み合わせにあるなら、まずは噛み合わせから治療する必要があります

噛み合わせ治療を専門的に行なっている歯科医院では、歯型を取って専用機器で分析し、歯並びから噛み合わせまでの調整をします。症状が軽ければ、わずかに歯を削るだけで効果が現れ、首の痛みや湾曲も良くなるのだそう。

症状が重い場合は全顎的な治療に発展することもあり、治療がすべて終了するまでに1年以上かかることも…。とはいえ、不正咬合を放置しておくと、首だけではなく頭痛やめまいまで起こる可能性があります。早めに治療を開始するのに越したことはありません。

噛み合わせ治療で首の痛みが改善した方の口コミ

  • 「生まれつき受け口で噛み合わせが悪かったので、思い切って治療を行いました。矯正していくうちに、それまでひどかった肩こりや首の痛みがなくなり、とても驚いています。見た目が良くなる以外にも、いいことがいっぱいありました。」
  • 「慢性的な頭痛や首の痛みに悩まされていました。娘からのススメで歯科医院へ行き、先生に診てもらったところ、バラバラに治した虫歯のせいで、全体の噛み合わせがかなり狂っているとのこと。治療するにつれ、これまでの痛みがグッと楽になり、痛み止めを飲まなくても済むようになりました。」
  • 「歯の審美治療が合わなかったらしく、噛み合わせが悪くなりました。仕事にも行けなくなるくらい、全身が凝り固まってしまったんです。別の歯医者で診てもらうと「合っていない部分のセラミックを外してもらうと良くなる」とのアドバイスが。さっそく審美治療を受けた歯医者でセラミックを外してもらうと、それまで回らなかった首が回るようになりました!」