HOME » この不調は噛み合わせが原因? » なんとなく不調

なんとなく不調

「最近、なんとなく不調かも…」と感じる不定愁訴の原因は「噛み合わせ」の悪さかもしれません。こちらでは、不定愁訴の原因と噛み合わせとの関係についてまとめました。

なんとなく不調の原因って?

風邪を引いているわけでもないのに、体の調子が悪い、疲れやすい。そんな「なんとなく不調」は多くの方が経験していることでしょう。

「なんとなく不調」に見られる症状はさまざまですが、代表的なものとして7つ紹介します。

  • 頭が痛い
  • 肩や首のこりがひどい
  • 耳鳴りがする
  • 目まいがする
  • 腕がしびれる
  • 睡眠障害がある
  • 腰が痛い

このような不調を「不定愁訴」と言います。

上記の症状が単発的に起こったなら過剰に心配しなくても良いですが、続くようであれば「更年期障害」「強いストレスによる自律神経の乱れ」「噛み合わせの悪さ(不正咬合)」が原因かもしれません。

不定愁訴と噛み合わせの関係性とは?

更年期障害や自律神経の乱れによって不調が起こるのはわかっても、噛み合わせの悪さが不調を引き起こすのはなぜでしょうか。

きっかけは、噛み合わせが悪くなることで、頭部の位置が変化してしまうこと。頭部の位置が変わると、頭部を支えている首や肩に負担がかかります。上から下へと悪影響が続き、気づかないうちに全身のバランスが崩れてしまって、いろいろな不定愁訴が起こるのです。

噛み合わせが悪くなる原因は、生まれ持った骨格・歯の生え方・歯の治療の影響などが考えられます。「全身の不調が続いているけど、原因がわからない」と悩んでいる方は、歯科医院で口内を診てもらうと良いかもしれません。

噛み合わせ治療で不定愁訴が改善した方の口コミ

  • 「めまいから始まって、ひどい耳鳴りに悩まされていました。腕のいい歯科医に診てもらい、『噛み合わせの悪さから顎関節症になっている』と言われたのです。さっそく噛み合わせ治療を開始したのですが、治療したその日からめまいも耳鳴りもなくなって本当にビックリしました。」
  • 「こめかみの痛みや頭痛、歯痛がひどくて、虫歯かと思っていたのですが、噛み合わせの問題でした。すぐに治療を始めてもらいましたが、少し歯を削っただけで、頭痛や歯痛が改善されたのには驚きです。」
  • 「慢性的な頭痛や首の痛みに悩まされていました。娘のススメで歯科医に通うことに。先生に診てもらったら『あまり腕の良くない虫歯治療が原因で、全体の噛み合わせがかなり狂っている』ですって!そんなことがあるんですね…。治療するにつれて、これまで悩まされていたのが嘘みたいに楽になりました。」